冬季繁忙期の漉き加工納期について

冬季繁忙期の漉き納期について
11月中旬から2月下旬にかけては大判革を施工する加工所(割漉所)が繁忙期に入りますため、この期間に[全判革]、[ハーフカット革]で【[標準]漉き加工】をご依頼頂いた場合は商品ページに記載の平均所要日数内に発送できないケースが増え、今季は6社あった加工所が5社に減少したため例年以上に遅延するケースが多くなることが予想されております。

加工所(割漉所)では日々到着する膨大な量の革が積み上げられつつ入庫順に施工されており、途中の段階で予定納期の確認や遅延を理由とするキャンセルができませんので、[全判革]、[ハーフカット革]の漉きで納期をお急ぎの場合は【[速納]漉き加工】プランのご利用をご検討下さい。
この【[速納]漉き加工】プランでは遅延の発生しない小判革専門の加工所(皮漉所)に依頼しますので混雑時も3営業日内の発送を確約しております。